2005年 03月 20日
選手と近すぎて。
告白します。初めての日立台でした。

サッカー専用の小さいスタジアムというと、
過去に三ツ沢には行ったコトがあるのですが(市船がマリノスに勝ちかけた試合)、
中立的な立場で試合を見ていたので、「市船やるなあ」「オオあれが増嶋か」などと
のんびりまったり観戦しておりました。

しかし昨日は違った。
やっぱり東京サポとしての日立台は、見方が全然違う。

選手の足を見る。フジのふくらはぎが誰よりも太いことを知る。
選手の顔を見る。ナオの笑顔が時間が経つにつれ、なくなってくる。
選手の声を聞く。ジャーンが「シオ!シオ!」と大声で指示を出す。

試合全体よりも、どうしても選手中心に見てしまうのだ。

試合終了まで残り数分。柏は昨季まで東京にいた李くんをピッチに入れてきた。
柏からのコールにかぶせるように起こった「李忠成」コール。
不甲斐ない試合内容のせいか、なかば笑いを誘うかのように
ダニーロコールのリズムで李忠成コールが生まれた。

でも僕は素直にこのコールはできなかった。
今や敵となってしまった李くんにコールを送れなかったということではない。
確かに試合は残り数分、1-3のまま終了のホイッスルを聞くだろう。
しかし目の前では(前から2列目で見ていたので本当に目の前だ)、
今ちゃんが鬼の形相で目の前までボールを奪いに来ていた。
タッチラインを割った後、幼いボールボーイを睨むようにしてボールを急かす。
決して試合を諦めていないその姿に、感動して涙が出そうになった一方、
戦場で生き残ろうとする兵士を見るような恐怖感も感じてしまったのだ。

そう、日立台は選手とあまりにも近すぎて。
選手の感情がビンビンに伝わってきて。
僕は「李忠成」コールを楽しむことはできなかった。

実際、昨日の試合は負けたとしても、予選リーグである以上
1点でも得失点差をうめることは、とても重要なことであったはずだ。
最後の最後まで、1点を狙う必要があった。

そこで起こった、まあいかにも東京らしいお茶目なコール。
目の前には最後まで走り回る選手。そしてコールを躊躇する自分…。
その瞬間、今ちゃんが必死にボールを追って目の前に来て
サポーターの声が届くスタジアムで自分は何を言ったか、いま思い出した。

「いけーっ!」

おいおいどこに?子どもかオレは…。
緊張すると、たまに場と状況を読めない時あるんだよね…。
あーあ、これがピッチから遠いスタジアムだったら、
こんなこと感じなかったのになぁ。





b0015993_1440887.jpg

柏の子になってしまったのね…。
なんだか実家の焼肉屋さんにも、
これからは黄色い選手のサインが飾られるとか…
まあでも、トップチームの試合に出られて良かったよ。
ユータが李くんを気にかけてたってのもエエ話でした…。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-03-20 16:02 | FC東京


<< 題字「川淵三郎」マンガ。      5位キープ! >>