2005年 08月 28日
ピッチまでの距離と、肌で感じる幸福。
b0015993_19541595.jpg


ヤマハスタジアム、ゴール裏最前列。
やはりここには、味スタ、ましてやテレビにはないものがある。
鍛えられた加地の肉体が、やはり凡人とは違うことが分かる。
ゴール前、ボールのないところでササが、いかに体を張り、フェイクを入れ、
ボールを受けようとしているかが分かる。
ここにいると、選手がいかに真剣に闘っているかが分かる。

大きなスタジアムだと、どうしても選手をリアルに感じにくい。
しかしピッチが近いサッカー専用スタジアムだと、
ピッチの上の選手たちが、生身の人間だと、肌を通して感じることができる。

昨日はそれを、十分に堪能できた。
やっぱプロの選手はスゲエよ。
彼らに罵声を浴びせられるのなら、それは彼ら以上のことができる人だけだ。


後半81分、栗澤が優太に視線を送る。
優太はそれを確認すると、右にいた加地にパスフェイクをひとついれる。
次の瞬間、フリーになった栗澤に、鋭いパスが通った—。

後はもう、目の前に吸い込まれるボールを見るだけだった。
それを見れただけでも、磐田に行って良かった。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-08-28 20:24 | FC東京


<< 申込み期限がクルくる!      どう捉えるか。 >>