2005年 09月 18日
祈り。
後半44分。
J'sゴールの時計が10分以上進まない。
いやな予感がした。
東京のオフィシャルにアクセスしてもいっこうに繋がらない。

「ジャーンが泣いてる」

J'sゴールのサポーターズvoiceに文字が流れた。
その瞬間、オレは何を祈ったのだろう。
ナビスコ決勝戦の姿が脳裏をよぎったが、今日はリーグ戦だ。
この試合で優勝が決まるわけでもなく、降格が決まるわけでもない。

じゃあなぜ?この不安を誰か消し去ってくれ。

気がつけばJ'sゴールの表示は試合終了を告げていた。
嫌いな巨大掲示板を開いて、ルーカスが負傷したらしいことを知る。
得られた情報と引き換えに、心ない人間の闇がオレを襲う。
スタジアムにいる仲間にメールを送った。
ようやく涙の意味が分かった。
もう一度、オレは祈った。今度は明確な、祈りだった。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-09-18 12:13 | FC東京


<< 例のブツ、発送しやした。      パターン。 >>