2005年 10月 31日
上位と戦う楽しみ。
b0015993_0423383.jpg

ガンバの攻撃は、速かった。
守備から攻撃への切替えの速さ。
そして、パス1本でゴール前まで持っていく速さ。
吉原宏太がDFの裏へ飛び込み、そこへピンポイントの縦パスが通る。
かと思いきや、サイドに張っているMFがパスを待っている。
そしてフェルナンジーニョのドリブルもある。

縦か横か、ドリブルか。選択肢が増えれば増える程、DFは迷う。
しかもその選択肢が、一瞬で増えるのだから尚更だ。
前半開始直後、正直、オレは首位を走るガンバの攻撃陣に、恐怖を感じた。
大黒よりも、むしろ大黒からスタメンを奪った吉原のアグレッシブな動きが恐かった。

しかし、開始早々ゴールを奪われたことが、攻めの合図になったのかもしれない。
東京は、何かを思い出したようにアグレッシブになった。
規郎はナオが乗り移ったかのように、サイドから執拗に突破をしかけ、
梶山は次々とボールをサイドに散らす。
1点を守りにこないガンバと相性が合ったのかもしれない。
試合はお互いが攻め合う、攻守の入れ替わりが激しい、エキサイティングなものになった。
あれだったらSOCIOの招待で初めて来た客も、楽しめたろう。

前半終了直前、ガンバのクリアしたボールが、何故か梶山の前に転がる。
梶山のパスを受けた憂太が、右足を振り抜く——。
「ダービーを見てるみたいだ」

果たして結果は、ダービーの繰り返しとなった。
あの日から、何か吹っ切れたと思うのはオレだけだろうか。
明らかにチームは調子を上げている。

鹿島、千葉、川崎、C大阪。
残された対戦相手を見て「厳しい戦い」とマスコミは書くかもしれない。
しかし、優勝の消えた東京だからこそ、上位陣と戦う楽しみがある。
もう降格に怯えることはない。
こうなったら、Jリーグをとことん盛り上げるべきだろ?
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-10-31 01:41 | FC東京


<< 緊急告知。      くるくるTシャツ、小平をゆく。 >>