2008年 03月 11日
救ったのは、バーではなかった。
開幕戦、トーキョウサポなら誰もが息をのんだあの瞬間。
まずは視覚からピンチを脱したことを知る。
一瞬遅れて、バーを叩く音。

試合の終盤、決められたら終わり、という状況で
彼はあの数秒の出来事を振り返られるほど、冷静だったようだ。

左手の指先に、その感覚は確かにあったのだ。



いやぁ、トーチュウのWebがアップされないもんだから、
時間をみつけて会社の新聞コーナーを漁って読んで良かった。
今シーズンを戦う上で、シオを含めたディフェンス陣が
どんな思いで戦ってるかが、紙面から伝わってきます。
しかも今シーズンの戦い方について、
自分が考えてたことと同じ考えを、シオがちゃんと考えていた。
これはちょっと嬉しかったな。

トーチュウのWebがアップされないと、
1日が始まった気がしない、そんなアナタ。
そういう日は、本紙を買うのが吉ですよ。

それにしてもトーチュウの松岡さんは、
普段の記事より(失礼)、こういうのが全然ウマいなぁ。(上から目線で申し訳ない)
それだけに、こういう良い記事をWebで宣伝しないなんて
もったいないですよ、トーチュウさん。(上から目線で申し訳ない)
[PR]

by tokyo-boys12 | 2008-03-11 22:52 | FC東京


<< ナビスコトントン。      10才おめでとう! >>