カテゴリ:FC東京( 181 )

2007年 11月 27日
届いたろうか。
b0015993_049223.jpgホーム最終戦前日、決めていたことがあった。
それは、ドイツに持って行った
土肥ちゃんのゲーフラを上げることだ。
その日フットサルが終わって帰宅したら、
ちゃんとそのゲーフラが用意されてあった。
あたりまえじゃない、とでも言いたげに
バッグの上に、キレイにたたんで置いてあった。


試合当日。
GKがピッチに入ってきた時、土肥ちゃんがそこにはいないと分かっていながら
シオに向かってゲーフラを上げた。少しでも高く、少しでもちゃんと見えるように。
彼らの練習が落ち着いたところで、彼女がいつものように
「ファンクラブテントに行く」と言うので、ついていくことにした。
「若い選手はいるかもしれないけど、まさか土肥ちゃんはいないでしょ」
と言われて自分もそう思ったけど、何だろう、すでにその手にはゲーフラを握っていた。

コンコースに出ると、タンブラー売り場に選手の姿はなく
「選手はもういませーん」というボランティアの声が響いていた。

まもなく進むと、ファンクラブテントが見えてくる。
その入り口は、いつもより人で溢れていて、行列ができていた。
「誰か選手がいるのかもね」
彼女が振り向いて声をかける。
胸が高鳴る。そんなことがあるのかと。
ひょっとしたら僕は、涙を浮かべていたかもしれない。

やがて人の流れに沿って進むと、そこにはあの屈強なGKがイスに座り
子供たちと握手をしている姿があった。

鬼のような形相でモニを叱り飛ばす姿。
ナビスコ決勝、PKを止めて吼える姿。
バックパスをミスキックして、何もなかったかのようなに振る舞う姿。
そしてクロアチア戦、キーパーグローブを着けずにピッチへ出てきた姿。

そのどれでもない土肥ちゃんが向こうに見えて 、僕は人垣の後ろからゲーフラをあげた。
近くにいたスタッフが気づいてくれて、「ほら、あれ」と指をさす。
すると彼はこっちを向いて、軽く頭を下げ、照れくさそうに、でも優しく微笑んだ。
僕はというと、言葉もなくて、スタッフと土肥ちゃんに、
同じように頭を下げ、同じく照れくさそうに笑っただけだった。
何も話すことはできなかったけど、それだけで、充分だった。

シオが背番号1のユニを着ていたと知ったのは、
ファンクラブテントから席に戻ってきた後だ。

できる限りゲーフラを上げていよう、そう思った。
選手紹介の時も。ユルネバの時も。そして、試合が終わった時も。
東京を支え続けてくれたGKに届くように。
これから東京を支えてくれるであろうGKに届くように。
そして、スタジアム全体に届くように。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2007-11-27 01:09 | FC東京
2007年 10月 15日
Go to ASIA.
こんな企画が始まっている。
目指せ元旦国立^^

内容は、天皇杯優勝を目指して一致団結するために
監督はじめ選手やスタッフ全員にメッセージとともに
オリジナルマフラーを贈る、というもの。

この企画を実行に移す決断力とエネルギーは、本当に素晴らしい思う。
ただ、マフラーのデザイン、企画意図や方法など、個人的にビミョーなトコロもあり…
この企画に賛同するか、非常に揺れていた。

しかし。「Go to ASIA」と書かれたバナーを見て心が動いた。

浦和や川崎が日本を代表するチームとして
アジアで戦っているのがやっぱり羨ましかったし、
東京というチームが指をくわえてそれを眺めている現状が悔しかった。

オレは東京がアジアで戦う姿を見たい。世界へ打って出る東京をサポートしたい。

そのためにできることは、いろいろあるのだろうけど、
その第一歩がこの企画とするならば、これもアリなんじゃないかと考えた。
チームとサポーターがひとつの目標に向かって結束することは、大事なんじゃないかと。

オレは東京がアジアで戦う姿を、この目で見たい。

この企画に、参加しようと思う。




だからこそ。
ファイナルに行くだけじゃダメだ。
元日に国立に立っているだけじゃダメだ。
そしてオレたちは、お金を払って誰かにこの思いを託して、
マフラーを手にしてるだけじゃダメなんだ。
それを誰もが忘れなければ、この企画はきっとうまくいく。

Go to ASIA.

まずはゲーフラのアイデアでも練りますか。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2007-10-15 22:29 | FC東京
2007年 07月 18日
小さな10番と、うなだれるボク。
b0015993_1241479.jpgどしゃ降りの中、帰り道ボクの目の前を歩いていた子が
小さな傘の下からパパを見上げて言った。

「今日はいいゲームだったね」。

その子の背中には、10という数字と「YAMASE」という
今日大活躍したトップ下の選手の名前が刻まれていた。
横浜の青いユニフォームだった。

そうなんだ。
ボクはやっと気がついた。

最悪のゲームは、最高のゲームで
最高のゲームは、最悪のゲームだということを。

東京がボコボコに負けた日は、敵が素晴らしい試合をした日で
東京がガンガンだった日は、敵にとって記憶から消し去りたい日だということを。

スタジアムにいる全員が、勝利の喜びで満たされることはない。
対戦する2チームのサポーターがいる限り、必ずどちらかが負けを味わう。
トーナメントという生き残りを賭けた戦いで、
あの日、ボクらはどちらかになる運命だった。

東京は死に、横浜は生きた。

これがトーナメントだ。

三浦文丈という選手から最後の数試合を奪ったのも、トーナメントだった。
敗者は消えるという意味で、カップ戦はリーグ戦よりも残酷だ。

頬に雨粒をつけながら、小さな10番が笑った。
ボクはただ、この残酷な結果を受け入れるしかなかった。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2007-07-18 02:19 | FC東京
2007年 04月 24日
アマラオを思い出す。
b0015993_0514570.jpg

横浜FCとの対戦の後、ルーカスがゴール裏までやってきた。
お決まりのポーズをするルーカスの姿を見て
なんだかアマラオを思い出して目頭が熱くなったのは、なぜだろう。

アマラオが東京のコーチに、なんて報道を見たから?
一度東京を去るかも知れなかったルーカスが、アマラオに似てたから?
久しぶりのホームでの勝利に、気持ちが高ぶっていたから?

ただひとつ言えるのは、ルーカスがオレにとって
なくてはならない存在になっている、ということだ。
彼のプレーが、彼のゴールが、彼の笑顔が、流暢になってきた日本語が、
たまらなくオレをハッピーにしてくれる。

だからどうかケガには気をつけて。
もっともっと、「ルカゴール」を歌いたいから。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2007-04-24 01:11 | FC東京
2007年 03月 26日
濁った春の空を見上げて。
b0015993_20503899.jpg
長いホイッスルの音と同時に、天を仰いだ。
スタジアムの屋根に円く切り取られた空は、
いくらかき混ぜても溶けない何かが残っているような、鈍い鼠色をしていた。
東京の空は、こんなにも汚かったのか?

池上のクリアと、塩田のPK阻止がなければ0-4という試合。
指揮官は試合終了後「かなり良くなかった」と唇を噛んだ。

こんな空を見ていたら、あの歌を思い出した。

At the end of the storm there's a golden sky
(嵐が過ぎ去れば、輝くような青空が待っている)

しかし、現実は甘くない。
そもそもこの歌は、甘えの歌ではない。
男たちが慰めあい、寄り添いあう歌でもない。
「嵐を恐れるな、闇を恐れるな」という歌だ。

FWが走らないなら、なぜ「走れ」と言わない?
そこでフリーなら、なぜ「ここに出せ」と言わない?
今、恐れる闇とは敵ではない。自分たちの中にある何かだ。

それに気がつき、彼らがそれに立ち向かったなら僕は歌う。
風の中を歩いていこう。
雨の中を歩いていこう。
お前たちは、一人じゃないから。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2007-03-26 21:15 | FC東京
2007年 01月 16日
「敗因と」と、土肥洋一への思い。
b0015993_2215871.jpg「日本代表は内部崩壊していた」とか、そんなことはどうでもいい。
それは、東京サポーターとして自分が、
突き刺さるような日差しが照りつけるフランケン・シュタディオンで、
秋のような風が冷たい夜のヴェストファーレン・シュタディオンで、
日の丸をつけた土肥ちゃんとモニの姿を見て、何よりも誇らしく思ったからだ。

二人が“そこ”で何をしていたか。
二人が“そこ”で何を考えていたか。
それを少しでも知りたかったから、この本を手に取った。

残念ながらモニに関する情報量は少ないけれど、
土肥ちゃんのインタビュー(Numberとかぶる部分もあるが)は
土肥というサッカー選手を深く知るヒントにはなった。

キーパーグローブを着けずに試合前の練習に参加した土肥ちゃん。
献身的にボトルの水を配り回ったモニ。

彼らがなぜドイツでそのような行動をとったのか。
また少しわかった気がする。

そしてさかのぼること2004年ナビスコ決勝。
試合終了後のヒーローインタビューで、土肥ちゃんが放った言葉を思い出す。

「この勝利は、チームがひとつになったからだと思います」。

こういうチームは強い、という実感。
一方、こういうチームは脆い、という実感。
レギュラーでゴールマウスを守り続けるプレッシャー。
一方、控えとして準備をし続けるストレス。
その両方を経験しているGKが土肥洋一だ。

GKというポジションの性格上、開幕のピッチに立てるのはおそらく一人だけだ。
土肥ちゃんか、シオか、それともルーキーの阿部か権田か。
例え開幕のピッチに土肥ちゃんが立てなくても、
彼は新しい正GKを気持ちよく送り出すだろう。
そしてその「控えに土肥がいる」という状況は、
東京のGK陣が、ひとつランクアップしたという証明だ。


「敗因と」は、6月の記憶が詰まった、苦い本だ。
しかしそれを経験した頼もしい男が東京にいることを、再確認できた。
彼はその経験を生かせるか。
新しいチームはもう、動き出している。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2007-01-16 02:37 | FC東京
2007年 01月 06日
次期監督は、ヘイラ・ヒリミに。
HARA TOKYO!

1年前の妄想が曲がりくねって現実になりました。
ヘイラ監督、よろしくね。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2007-01-06 15:14 | FC東京
2007年 01月 01日
A happy new season!
b0015993_043068.jpg

[PR]

by tokyo-boys12 | 2007-01-01 00:06 | FC東京
2006年 12月 16日
当たり前のように。
b0015993_16355780.jpg








「Jean Jean」
その声がスタジアムに響く度、彼は打点の高いヘディングでボールを跳ね返す。

「Jean Jean」
その声が響く度、彼は果敢なスライディングで、相手からボールを奪う。

「Jean Jean」
ボールを跳ね返す。何度も、何度も。

「Jean Jean」
ボールを奪う。何度も、何度も。

「Jean Jean」
秋が訪れる前の国立。彼はうずくまって涙を流していた。
そんなジャーンを見たのは初めてだった。

「Jean Jean」
震えそうな声で、僕はせいいっぱいのコールをピッチに送った。
ジャーンの当たり前のように見えるプレーが、
どんなにかけがえのないものか、身にしみた瞬間だった。


2004年、11月3日。
あのシーンを思い返す。
11月だというのに、夏のような午後の日差し。
ピッチで泣き崩れるジャーンに駆け寄る選手たち。

ピンチに立たされた。しかし、東京はこれでひとつになった。
ピッチの上では10人でも、魂は11人だった。

120分の激闘、そしてPK戦。東京は初のタイトルを手にする。
僕はいまでも、ジャーンがもたらしてくれたタイトルだったと思っている。


先日、ジャーンと湘南の契約が決まった。
彼はまた、当たり前のように、相手のクロスを跳ね返すだろう。
当たり前のように、相手からボールを奪うだろう。
当たり前のように、ユニフォームのその下に、愛する我が子のTシャツを着込んで。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2006-12-16 17:26 | FC東京
2006年 11月 04日
延長PKの楽しみと、増嶋竜也。
3年前の12月。天皇杯3回戦、横浜Fマリノスvs市立船橋。
それは、Jリーグチャンピオンと、高校王者の戦いだった。

冬の日差しは意外に暖かく、三ツ沢のメインスタンドでビールを飲んだ記憶がある。
売り子さんに「どちらの応援ですか?」と聞かれ、「イチフナです」と答えると、
「楽しみですよね」と笑顔が返ってきた。

そのイチフナでCB、キャプテンだったのが増嶋だった。

More
[PR]

by tokyo-boys12 | 2006-11-04 15:09 | FC東京