<   2004年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2004年 09月 30日
名古屋遠征に行かれる皆様へ
去年、わけあってトヨスタに名古屋vs横浜を見にいってから
「トーキョウサポとしてトヨスタに乗り込みたい!」
と、ずーっと思っておりました。

今シーズンの始め、2ndの名古屋アウェーが、「トヨスタでありますように…」
と、ずーっと願っておりました。

おそらく、日本最高のサッカー専用スタジアム。
形は違えど、色はレッドで統一され、まるでオールド・トラフォードの雰囲気(たぶん)。
傾斜の急なメイン&バックスタンド(なんとシートにヒーターまでついてる!)、
開閉式の屋根つき、ピッチと客席の近さ…。

埼スタも確かに、サッカー専用でハコもでかいのですが、トヨスタはクラブの臭いがプンプンするのです。やっぱ座席の色かな…あれで客がいなくてもスタジアム全体が名古屋カラーになってしまう。

正直、「東京に欲しい!」と思っちゃいました。うらやましすぎて、なんかメラメラきたのです。「ここで勝ちたい!」って。

ただこのスタジアム、名古屋からけっこう電車で移動し、さらに駅から10〜15分くらい歩くのです。で、どでかい橋の向こうに、ツンツンしたツノのような柱が特徴のスタジアムが「デーン!」と見えてくる。「げ、そこまで歩くのかよ…」みたいな雰囲気になってしまうのです。

しかも豊田直行直帰だと「世界の山ちゃん」で手羽先を頬張ることができないのも、いかがなものかと。(スタジアムにミソカツはありますが。)新幹線で行かれるかたは、ぜひ名古屋駅周辺の「世界の山ちゃん」へ。ボクは去年、日帰りでしたが、手羽先お持ち帰りで、新幹線の車内でむしゃぶりつくように食べました…。

と、なんだかんだ文句もありつつ楽しみにしていた名古屋遠征だったのですが、
残念ながら今回、不参加なのです。カミさんの実家から勝利を祈ってます!

参加される皆様は、ぜひトヨスタのスバラシサと、グランパスの金満ぶりと、
手羽先と、そしてもちろん勝利の美酒を味わってきてください!
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-30 19:03 | FC東京
2004年 09月 26日
ブラジルビールは苦かった…。
ついに、ブラジルDAY神話が崩れてしまった。

去年と同じ対戦相手だったが、
やはり鹿島の試合巧者ぶりを見せつけられた感じ。

ゴール前でたまたまこぼれたボールを決めた後は、
接触プレーで倒れ、選手交代で時間を潰し…

一方、東京は攻めている気がするんだけど、気がするだけ。
サイドを突いているけど、突いているだけ。
ボールは相手ゴール前までは行く、でも行くだけ。

なんだか今日は、応援もチグハグだったような…。
浦和戦で燃え尽きたのか、それともサンバの音に消されてしまったのか。

ここのところ、見違えるように好調だった加地くんが、
最後の最後でケガをしてしまったのが、残念でならない。

今日もディフェンス陣は、ほぼ完璧だったと思う。
やっぱりフィニッシュなのかなあ。ミドルの精度も悪かったなあ。

去年飲み損ねたブラジルビールに、今年はありつけたけれど、
ちょっぴり苦い思い出になってしまいました。

でもいつかジンクスなんて破られる。気持ち切り替えて、次は名古屋戦!
あのスバラシイ豊田スタジアム、今年は行けないけれど、
遠征されるみなさん、楽しんで、ワッショイしてきてください!

そしてナビスコ・ダービーにつなげましょう!!
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-26 19:22 | FC東京
2004年 09月 26日
今年こそ、ブラジルビール。
b0015993_318553.jpg二年前、ロンドンに行ってビールの種類の多さに驚き、以来、世界のビールにハマってしまいました。

そんな僕が去年、ブラジルDAYでとっても気になってたのが、ブラジルビール。

しかし、あっという間に完売。のんびりとしてた僕は飲み損ねてしまったのです。「コッシンニャ」というコロッケみたいなのは買えたんですが…。しかたなく売店のPOPだけデジカメで撮りました。今年はそのリベンジ。真っ先にブラジルビール買うぞ!

で、以下は去年売ってたビールの紹介。(今年もこれかな?)

【ブラマ チョップ ビール】
世界でも5本の指に入る醸造量を誇るブラマ社の代表的なビールです。ブラジルではもちろんNO.1。炭酸がやや強く、ホップの効いた適度な苦味とキレが特徴。
原産国 ブラジル
メーカー ブラマ社
アルコール分 5.0%
容量 355ml
ビール分類 ラガー

…にしても世界で5本の指に入る醸造量って、スゴイんじゃないの?
さらりと書いてあるけど…。
最近は、コク系、ビール酵母系ばかりのんでたので、
炭酸強め、キレ系は大歓迎っす。

飲んで歌って勝って、また飲んで…今年も大勝利だ!
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-26 03:18 | FC東京
2004年 09月 23日
イイイヤッホウイ!

勝ちました!ルーカスヘッド!
交代直後!

ナイス采配、ナイス原ちん!

今日は新ゲーフラの完成率が80%だったのですが、
そのまま味スタに向かいました。

トーキョウエンブレムに冠をかぶせた
ゴージャスバージョンなのです。
ブラジルDAYには完成させて参戦します。

いやー、今日はホント良かった。
昨日も書いたけど、ナビスコ決勝に向けて
今日、浦和に土をつけたのは本当に意味があったと思う。

勝利の余韻に浸るのは今日まで。
さ、次のブラジルDAY、調子の悪い鹿島をしっかり叩きましょう!
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-23 23:37 | FC東京
2004年 09月 23日
青赤ピッチ
いつもヨレヨレな青赤ビッグフラッグが今日はゴール裏にしかれてる!
…とレッズが練習を始めた!すっげーゲーフラの数。
でも負けねえよ。オイラも新ゲーフラで対抗だ!
いざ!

b0015993_2327985.jpg
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-23 18:46 | FC東京
2004年 09月 23日
ナビスコ決勝へ向けて
明日は、前哨戦だ。

現在、相手は1位、こちらは5位だけど、
明日の勝利は、勝ち点を縮める以上の意味がある。

それは、ナビスコ優勝への試金石。

決勝はきっと、この組合せになる。

勝てば、こちらには好調浦和を止めたという自信が持て、
相手には苦手意識を植えつけられる。

戦いに行こう。

明日は、トーキョウの歴史を変える、
そんな一日になるはずだ。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-23 02:46 | FC東京
2004年 09月 22日
どんなに帰りが遅くても、一緒に夕飯を食べてくれるキミへ。
ハッピーバースデー!

明日の浦和戦、阿部ちゃんゴール決めてくれるといいね。

それで勝ったら最高だね。

最近はなんだか家でトーキョウの話ばっかりしてるけど、

オレはそれで毎日楽しいんだ。

でも、キミはどう?楽しいのかな。

毎日、帰りが遅くでゴメンね。

これからもずっと、ずっと、よろしく。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-22 11:17 | FC東京
2004年 09月 21日
TOOさんのゲーフラ。
毎回、ウィットに富んだゲーフラで、
ゴール裏の人々を楽しませてくれるTOOさん。
(ごめんなさい、面識はないのですが…いつも楽しみにしています!)


次節浦和戦のゲーフラネタが、


アルパイ、ナイパイ。


だったりして…と思ってるのは、ボクだけでしょうか?






神戸戦の「イルハン、イナイハン」がツボだったもので…。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-21 18:59 | FC東京
2004年 09月 20日
下位に勝ちきれない…。
残念ながら遠征には行けず、スカパにも入っておらず、
J'sゴールで戦況をチェックしてました。

正直、戸田がゴールを決めたのを知って、「勝った」と思った…。
ミヤ&戸田という去年の主力が点に絡んだのも、嬉しかったし。
これは浦和戦に向けて、気持ちよく臨める。
次節、浦和はアルパイ、山瀬がいないし、どうやら東京はベストメンバー。

浦和を味スタで下す条件は調った!

と信じていたのですが…。
え、なに?玉田からのスルーパス?
今、やべっちで確認したら、うーん、真ん中を見事やぶられてましたね。
土肥ちゃんの飛び出しが微妙?それともDFのマークが甘い?
まあ、その辺は評論家に任せるとして。

今年はなぜか下位に勝ちきれない。

それが東京?それが東京!
じゃあ上位を喰いましょう!(と気持ち切り替え!)

分けたけどなんだか順位も5位に上がってるし、まだまだ!
浦和戦はなるべく多くの人を誘って味スタに向かいます!
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-20 00:11 | FC東京
2004年 09月 18日
はじめてヨメとFC東京の試合を見に行った時のことを話そう(ケリ−のコラム風)。
3〜4年前のボクらは、まだ東京サポではなかった。でも代表の試合には時々行っていて(今のように東京の選手は誰ひとりいなかった)、ワールドカップもトルコ戦のチケットをボクがひきあてたこともあり、雨の宮城に行った。その後のイキオイで稲本を見にロンドンまで行くミーハーっぽさ溢れる二人だった。

それまでのボクは、友達らとJの試合やトヨタカップなどはたまに見に行っていたものの、どのクラブが好き、というものはなく、Jではナビスコの決勝をみたり、当時の「中村俊輔vs小野伸二」的な見出しが出そうな組み合わせを見に行ったりしていた。実は、東京の試合も何度か見ていた。当時は「アマラオ細いなー、大丈夫だろか」とか「ユキヒコは人気あるねぇ、彼なら知ってる」とか言ってたような。ようは「なんとなく」見に行ってたのだ。だからイマイチ楽しくなかった、いや興奮しなかったのを覚えている。だって見に行っているチームを応援してないんだからね。どちらが勝とうが関係ない。
そんなボク(+ヨメ)にとって、日本を代表して戦う姿というものは、わかりやすく、応援しやすいものだったんだ。やがてワールドカップが終って僕らを襲ったのは、虚無感だった。「4年待ちだね…」。

しかしロンドンに行ったのはムダじゃなかった。
おじいちゃんと楽しそうに手をつないでスタジアムにやってくる女の子。水筒にコーヒーを入れピクニック気分で座席に座り、わが子を見るかのようにニコニコ応援するおばさんたち。そして、ゴール裏の熱いサポーターども。

正直いって「キュン」ときた。

フラムというクラブが巨大なクラブではなく、当時下部リーグの小さなスタジアムを借りていていたのも、良かったのかもしれない。僕が初めて訪れたサッカー専用のスタジアムだった。クリアしたボールが場外に出てしまうくらい、小さな小さなスタジアム。選手の声が飛び交い、筋肉がぶつかりあう音がした。代表の試合では聞けない音だった。

愛情溢れるファンたちと、小さなスタジアム、そしてサッカー。素朴だけど、好きなサッカーがそこにある。生活の中にサッカーがある。そんな日常をうらやましくも思った。

だいぶ本題に入るのに時間がかかってしまったね。

代表の試合とは違う光景、音が聞こえる、そんな場所へ行こう。ひとつのチームを応援しに行こう。つまらなかったら、それまでだ。そう思ってヨメを誘ったのが、去年の名古屋戦だった。
結果は1-1の引き分け。でも東京の1点が強烈だった。ナオが右サイドから中に切れ込んで豪快なミドルシュート。バーに当たって強烈に跳ね返ったボールが、代表GKナラザキの背中に当たって入った。一発で虜になった。サポーターの応援もシャレててカッコよく、「You'll never walk alone」の意味を知った時は、涙がでた。

で、ヨメさんが東京の試合を初めて見に行った感想がこれだった。

「ケリー、サッカー上手だね」。

確かにね、そう思うよね。すべての攻撃は彼から始まるし、攻めに守りに大活躍だ。もう、一生あなたについていきます。マジでそう思ったよ、ホント。ま、そんなこんなで今や頭の中はトーキョウでいっぱいのG2SOCIOなのであります。

ところで、東京の試合を見るきっかけって、どんなのが多いんでしょうね?
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-09-18 12:35 | FC東京