<   2004年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2004年 11月 26日
不安なマッスー。
東京系サイトでたまに出てくる銅鑼えもんですが。
有名な「さよなら銅鑼えもん」の回に出てくるクスリ「ウソエイトオーオー」が「嘘八百」からきているのを大人になって知ったtokyo-boys12です。

さて今ボクの目の前に、眠モニさんのところで話題になった「フネの広告」が貼ってあります。マスオver.です。「いつかはサザエを世界一周クルーズに連れて行ってやってくださいよ」というヤツ。今ボクがカミさんの母親からこんなこと言われたら、不安とプレッシャーに押しつぶされることでしょう。いくら自分がフネだからって、こんなボケは許されるのでしょうか?世界一周だなんて信じられません。マッスーは笑ってごまかそうとしていますが、フネさんの細い瞼の奥にある妖しい光には気づいてないようです。ああ、もう不安で他人のこととは思えません。フネさんは何を狙ってこんなことを言っているのか…。広告のバックに配されたバラの模様もミョーに気になる…。

あれ、気がついたら東京と全然関係ないや。

えーと、じゃ不安なマッスーつながりということで。今はちょっと自信を失ってるんだと思います。ナビスコの鹿島戦とか見るとスゴく生き生きしてた。その辺のメンタルはモニ先輩に教えてもらおうね!キャバクラ方面のエロスもほどほどにね!




にしても電車の中、ケータイでエロスと打つのは勇気がいるな…。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-26 21:47 | FC東京?
2004年 11月 23日
お疲れ様でした!
今日はホント負けなくて良かった…。

ナビスコとっただけでも上出来なんですが、
来年こそリーグ優勝!(てかアジア遠征したいです)

鴨池には行けませんが、
必ず勝って戻って来ると信じてます!

また来年。にならないよう
埼玉で浦和と戦って、ぜひ元旦に国立に行きたいものです。

今日はホントお疲れさまでした!
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-23 23:13 | FC東京
2004年 11月 23日
「いっぱいシュート練習します!」
…って言ったよね、そうだよねハラちん。
去年のホーム最終戦で、そう言ったよね。

たぶん、いーっぱいシュート練習したんだろうけど。
シュートの確率は…ここで確認を(1stのみだけど)。
下から数える方が早かったりします。
シュート練習の効果はあったんだろか?

まあこれを踏まえて、
今年のハラちんのコメントにも大注目!という訳で大予想です。


【予想1】
もっと激しくシュート練習をします!

【予想2】
もっと劇的にシュート練習をします!

【予想3】
もっと…(丹下ゲーフラが目に飛び込み)撃つべし撃つべし!


本命は【予想3】で決まり!(なの?)

痛快なハラちんコメントを聞くには、
まずは去年土壇場で追いつかれたトラウマを払拭させるべく
攻撃サッカーでジェフをねじ伏せてほしいのであります。
(まあ負けたとしても愉快なコメントをしてくれそうではありますが…)

がんばれヒロミ!がんばれトーキョウ!
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-23 02:45 | FC東京
2004年 11月 20日
優勝気分がふっとびました。オカゲサマデ。
完敗…。

2点とったとは言っても、1点は阿部ちゃんが倒れてとった微妙なPKだし。
(フミさんのミドルはスバラしかった!)
確かにCBのレギュラー2人がいないのは緊急事態ではあるけれど。

b0015993_17184857.jpg新潟のサイドアタック、まるで東京がプレーしてるみたいだった。
真ん中でキープしてサイドバックが絞ったところを、サイドにスルーパス、
ていうプレーがかなり効いてた。
そしてクロス。セットプレーも含めてあれだけ精度の高いボールをあげられると、やっぱ苦しい。
あれじゃさすがの土肥ちゃんも徐々に飛び出しに迷いがでてくる。
入団当時、我が家では「謎の宇宙人」と呼ばれてたエジミウソンでしたが、
見事やられました。

そういえばシステムの話題があがったばかりだったけど、
反町監督は「4バック」できたね。しかも「4-2-3-1」に近かったんじゃないかな。
まあシステム的にはガチンコだったわけで。サイドで主導権を握れなかった。
震災のこともあり、もうリーグ戦しか残ってない新潟は、
すごくディフェンスもアグレッシブだったし、GKの野澤も良かったし。
相手を褒めるしかないですわ。

唯一よかったことと言えば…(まあたまにセクシーなパス交換やスルーパスもあったが)

「ボクの優勝浮かれ気分がふっとんだ」

ということでしょうか。
おいおいまだ浮かれてたの?というお怒りのみなさまゴメンなさい!
まだまだ浮かれてました、自分。
(でも優勝記念マフラーは欲しい。DVDも欲しい)

AOA課長もblogタイトルから(★)をとったことだし、なんか浦和も2nd獲ったみたいだし(試合には間負けたけどネ)、まだまだトーキョウはチャレンジャーだってことで、気持ちを切り換えてほしいものです。

もちろん、ホーム最終戦は勝ってくださいよ!

それと、新潟遠征に行かれた方、お疲れさまでした。
帰りの道中の気分…お察しします。気をつけてお帰りください。
新潟のンマイお酒は悪酔いしないとは思いますが…。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-20 17:21 | FC東京
2004年 11月 19日
最高のシステムなんてないけれど。
コージさんがちょっと前に書かれた記事ですが。

システム議論。

自分が結構ヒューマン系(よくわからないが、ようはおっとりした人間)なので
実は「システム」という冷たい響きに弱いというか、憧れを持っていて、
数字に弱いのに、小さい頃からやれ「4-4-2」だ「4-5-1」だ「3-4-3」だと
意味も分からずワクワクしていたのを思いだしました。

で、ようやく大人になって生でサッカーみたり、
記事を読んだりして、なんとなくですが。

完全無敵のシステムなんてないですよ。

じゃなきゃひとり少ない状況で、浦和をゼロには抑えられません。

システムは使いようだと思うんです。
「代表は〜にすべき」といっても、そこに監督&チームの意志がなきゃ意味ないですし、何を目指すかによってシステムも選手も戦略も変わってくる。

そんな中、ハラちんが目指すものはすごく明確。
娯楽が溢れる首都のサポーターを満足させるダイナミックなサッカー、
すなわちピッチをワイドに使うサッカー。
それを実現するために、現有戦力の特性を踏まえたら「4-2-3-1」になったのだと思います。

でも、僕はこの「4-2-3-1」、実は好き。
だってそれぞれの役割がわかりやすいんですもの。(状況によっては変わりますが)
トップはポスト役、シャドー的なトップ下、サイドが突破してクロスを上げ、
逆サイドは飛び込んでフィニッシュ!…みたいに。
ピッチ全体に配置されるバランスの良さも好き。

そういやトルシエが「3-5-2」をやってた時は、
評論家のみなさんがこぞって「古い!時代は4バック!」とか言ってたなあ…。
かと言ってジーコが4バックに固執して結果がでないと
「日本人にあってるのは3-5-2だ!」とか言ってるし…。

まあ、流行りもあるみたいですけど。
僕はトーキョウのサッカーが、見てて楽しいサッカーであればそれで良いです。
それにはもうちょっと…シュート練習しましょうね。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-19 01:01 | FC東京
2004年 11月 16日
げぼーん!5回戦は九州のいちばん下にあるところ!!
以下、オフィシャルより。

□対戦カード:FC東京vs大宮アルディージャ(FC東京は、アウェー側となります)

□日 時:2004年12月12日(日) 1:00pmキックオフ

□会 場:鹿児島県立鴨池陸上競技場
<住  所>〒890-0062 鹿児島県鹿児島市与次郎2-2-2 
<アクセス>JR「西鹿児島駅」より市営バス27番線「鴨池」行きに乗車、「KKB前」バス停下車

□お問合せ先:ハローダイヤル TEL.03-5777-8600


でたよ。遠いよ。芋焼酎だよ。黒豚だよ。地鶏だよ。温泉だよ。
…あれ?ひょっとしてンマイもの温泉ツアーか、これ?

うーん、行きはよいとしても、
帰りはヒコーキじゃないと当日のうちに帰れないんじゃないか?
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-16 15:14 | FC東京
2004年 11月 16日
ヒロミに伝われ、この想い。
えー、三十路に入って「boys」なるblog名はいかがなものか、
と本気で悩んでいる「tokyo-boys12」です。

さて先日の仙台戦ですが、移動で疲れ、
勝利に酔い過ぎて疲れ、出会いが嬉しすぎて疲れ、
ボーっとしてる間にみなさんが楽しすぎるレポートをアップして、
「もう書くことないや…」と困っておりました。

で、どうしようかと思っていたのですが。
仙台戦、フミタケさんoutアベちゃんinの交代について一言。

これこそ「ATTACK or DIE」であります!(違ーう!て言う人もいるとは思うけど)

オフィシャルにも「選手交代で一気に両チーム攻撃的な展開に」と書いてありますし、
原ちんも言ってます「やっぱり膠着状態になったらどっかでリスクをおかさないと何も変らない。」ってね。いいね、カッコイイね。「リスクチャレンジ」。いかす言葉だね。

仙スタで見てても正直、その交代によって中盤がまったく支配できなくなったのが
良く分かりました。普通ありえない采配だと思う。でもこれは原ちんの「ナビスコ決勝、あのレッズをワンボランチで抑えられたんだから、その人数で守れ!その分、攻めの人数増やしてやるから点とってこい!」てなメッセージなんだなと。ある意味、超積極的な采配だったわけです。

結果はご存知の通り。攻められはしましたが、攻め抜きました。

負ければ終わりの天皇杯。
攻めるか、やられるか。
原ちんに消極的な采配は似合わない。

次は清水を下してノッてる大宮。ひょっとしたら対戦時はJ1行きを決めて
ノりにノっちゃってるかもしれない大宮。
決して楽な試合にはならないと思うけど、
そういう時ほど攻めの姿勢を忘れないでほしい。

で、元旦まで僕らを楽しませておくれよ!
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-16 00:17 | FC東京
2004年 11月 14日
もうヘトヘトです。
計12時間の運転を、ほぼ寝てない状況でこなすのは、厳しいッス。

もうヘトヘトや…。
勝って良かったよホント。阿部ちゃんサンキュウです。

今日の仙スタの模様は、また後日。


AOA課長、tomozo_sendaiさま、makom39-nikonfe2uさま、
そして仙台サポのhiro193-mさま、今日はお疲れ様でした。

おやすみなさい。ふとんで寝れる幸せを噛み締めます。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-14 00:50 | FC東京
2004年 11月 12日
いくよ仙台トテチテタ。
こんばんは。「tokyo boys」で検索かけたら、
なんか新宿2丁目ゲイのお兄さまがヒットして
複雑な気分の「tokyo-boys12」です。

さて明後日の天皇杯・仙台戦ですが。
「恋の都」から「杜の都」へ乗り込んできます。
我が家のトウキョウ予算は、ナビスコの決勝進出や
それに伴うゲーフラ&ダンマク制作費なとでかなりオーバーしてるのですが、
負けたら最後ということで、遠征強行となりました。

以前AOA課長ともお話したのですが、
やっぱ新幹線は高い。ブルジョアだ。
(驚きだ値シリーズはホテルもついてかなり格安なのだが、ホテルがどこも満室で断念)
いっぽう高速バスは安い。(だが朝5:30に仙台に着いても、ツライっての)

で、どうやって行こうかと協議した結果。
クルマで行きます。我が家のオンボロカーで行ってきます。
まあ新幹線より安いし、なんてったって時間の自由がきくし。
ネットで調べたら、えー、約5時間の運転ですか…。

まあ、ここで負けたら12月のお楽しみがなくなってしまうので、
必至こいて応援してきます。

あとはギュウタンですな。太助よりも利久というウワサをどちらかで聞いたので、
仙台スタジアムの近くにあるみたいだし、ぜひ味わってきたいと思います!

おっと「萩の月」も忘れないようにしなきゃね。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-12 01:34 | FC東京
2004年 11月 11日
なぜか今頃トルシエニッポン。その2
b0015993_147479.jpgついに見届けました、トルシエニッポンの最後。

世間がワールドカップの狂乱の中で、
チームがいかに活動していたかを知りたくて、
最初このビデオを見始めたのですが。

へたなお笑いビデオより笑えました。
あいかわらず中山隊長、おバカです。

サッカー選手って、みんなこんなバカ(大いなるホメ言葉ね)なのか?
特に中山さん、あんたホントにお笑い向きですわ。
再確認。

詳しいこと書いちゃうとネタバレになるので、観るのをオススメします。
やっぱりナカタの頭の回転の速さとか(ロッカールームでの会話)、
やっぱり小笠原は、感情をあまり表に出さないのねとか、
アゴカルテット(想像してごらん。GK×2、DF×2)の絶妙なコンビネーションとか、
トルコ戦、トルシエの落ち着きのなさとか…

ま、いろんな意味で必見ではありますね。

にしても、これ岩井俊二はどうからんだのだ?
彼らしさが全然でてないんですけど。
タイトルをつけただけだったりして…。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2004-11-11 02:10 | FC東京?