<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2005年 10月 31日
上位と戦う楽しみ。
b0015993_0423383.jpg

ガンバの攻撃は、速かった。
守備から攻撃への切替えの速さ。
そして、パス1本でゴール前まで持っていく速さ。
吉原宏太がDFの裏へ飛び込み、そこへピンポイントの縦パスが通る。
かと思いきや、サイドに張っているMFがパスを待っている。
そしてフェルナンジーニョのドリブルもある。

縦か横か、ドリブルか。選択肢が増えれば増える程、DFは迷う。
しかもその選択肢が、一瞬で増えるのだから尚更だ。
前半開始直後、正直、オレは首位を走るガンバの攻撃陣に、恐怖を感じた。
大黒よりも、むしろ大黒からスタメンを奪った吉原のアグレッシブな動きが恐かった。

しかし、開始早々ゴールを奪われたことが、攻めの合図になったのかもしれない。
東京は、何かを思い出したようにアグレッシブになった。
規郎はナオが乗り移ったかのように、サイドから執拗に突破をしかけ、
梶山は次々とボールをサイドに散らす。
1点を守りにこないガンバと相性が合ったのかもしれない。
試合はお互いが攻め合う、攻守の入れ替わりが激しい、エキサイティングなものになった。
あれだったらSOCIOの招待で初めて来た客も、楽しめたろう。

前半終了直前、ガンバのクリアしたボールが、何故か梶山の前に転がる。
梶山のパスを受けた憂太が、右足を振り抜く——。
「ダービーを見てるみたいだ」

果たして結果は、ダービーの繰り返しとなった。
あの日から、何か吹っ切れたと思うのはオレだけだろうか。
明らかにチームは調子を上げている。

鹿島、千葉、川崎、C大阪。
残された対戦相手を見て「厳しい戦い」とマスコミは書くかもしれない。
しかし、優勝の消えた東京だからこそ、上位陣と戦う楽しみがある。
もう降格に怯えることはない。
こうなったら、Jリーグをとことん盛り上げるべきだろ?
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-10-31 01:41 | FC東京
2005年 10月 29日
くるくるTシャツ、小平をゆく。
b0015993_22453948.gif
ブラジルDAYに向けて作った「くるくるルーカスTシャツ」ですが、
この度、ルーカス本人に渡ることになりました!
その模様は、モーチュウ編集部でどうぞ。

そしてなぜか…
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-10-29 22:43 | モーチュウ
2005年 10月 24日
残酷なるダービー。[10/24改訂版]
b0015993_133267.jpg

勝負ってそもそも残酷なものだと思う。
それがダービーなら尚更だ。

後半44分の時点で、試合が終わっていれば、引き分けだった。
引き分けなら、痛みをお互いに分け合える。

後半、GK高木がピッチにボールが2つ入っているのを知っていて、わざとボールを出さなかった。
意味のない時間稼ぎとしか思えなかった。
「何やってんだよ、高木!」
オレは思わず、相手GKに向かって叫んでしまった。
だって1-1の状況でそんな時間稼ぎをして何になる?

だからという訳ではないが、ロスタイムは2分与えられた。
そのロスタイムで、ササがゴールを決めることになる。

高木としては、ただ単に、間を嫌っただけかも知れない。
しかし、1-1のまま時間が過ぎることを願ったのならば、残酷な結果を招いただけだ。
そういう気分は、確実にピッチ上の仲間に伝播する。

攻めるか、死ぬか。
東京は、最後まで全員が攻めた。
結果は、ベルディにとって残酷なものとなった。
しかしそれは、転じれば自分たちに降り掛かったものでもある。
それは日常では味わえないヒリヒリとした感覚。

この残酷なダービーを、絶対、来年も味わいたい。
例えそれが、心を握りつぶされるような悔しさであろうと。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-10-24 01:27 | FC東京
2005年 10月 21日
初体験の告白。
仙台も行った、新潟も行った、
磐田にも日本平にも行ったし、豊田も長居も大分も行った。
東京の試合見るようになって、全国各地のスタジアムに行きましたが…

アウェーダービー、
初体験なんです。

キャー恥ずかしーよー。(こんなこと、黙ってりゃわからないだろうけど)

だからね、明日がとっても楽しみなんです。
試合前、味スタをぐるっと回ったことはあるんだけど、
アウェーゴール裏に入ったことないし。
いつもの味スタなのに、初めての体験ができるなんて、なんか新鮮。

いやあ、ホント楽しみです。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-10-21 19:22 | FC東京
2005年 10月 16日
忘れさせてくれ。
昨日の憂太のキレぶりには、正直驚いた。
創造性あふれるスルーパスやワンタッチパスを繰り出し、
攻めに守りに顔を出し、最後はゴールまで決めてみせた。

「やっとか…」という思いと、ある選手の顔がオレには浮かんだ。
ケリーの顔だ。
すべてのボールが彼を経由し、良くも悪くも、ケリーの出来がチームを左右した。
昨季、チームはそのケリーを放出し、憂太はその後継者となるハズだった。
開幕はスタメンだったものの、ケガもあり、チームが目論んでいたような、
ケリーの代役は果たせずにいた。
「ケリーがいれば…」何度その言葉を呟いただろう。

その憂太が、昨日はまるでケリーが宿ったかのような活躍ぶりだった。
ボールを奪われれば、必死になって追いかけ、失点後はガムシャラにゴールへ向かった。
今季も残りあと7試合。あの憂太ならケリーの代役が勤まると思う。
しかし彼はケリーの代役であってはならない。
憂太は憂太であって、彼もそれは望んでないだろう。
それには、憂太が自分で結果を出していくしかないし、
オレたちの心を揺さぶるようなプレーをし続けるしかない。
それは、ケリーも、アマラオも成し遂げた道だ。

なあ憂太、だからどうかケリーを忘れさせてくれ。
その時初めて、憂太自身が成長し、東京がワンランクアップした証拠なのだから。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-10-16 19:04 | FC東京
2005年 10月 12日
お知らせ。
10月になってからエントリしてないことに気づいた。
ここを読んでくれてる、どこかの誰か、ごめんなさい。
うれしいことに、仕事が忙しくなって、だいぶ更新が滞りそうです。

ただ、ブログをやめる訳ではないので、少しずつ更新していきます。
センチメンタルフーリガンも、ちゃんと展開を考えています。

ということで。
これからもよろしくお願いしますね。
[PR]

by tokyo-boys12 | 2005-10-12 16:14 | お知らせ